羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

52ヘルツのクジラたち

52ヘルツのクジラたち

 

町田そのこ先生の代表作品みたいなところがあるので、読みましたがかなり物語に引き込まれました。

タイトルの意味はどんなだろうと思ったら、最後まで読めば分かって、心に響くものがありました。

 

主人公・キナコが初め、訳ありなのがぷんぷん伝わってきて、一体何かあったのだろうかと気になって読みました。徐々に明かされていき、全貌が見えた時は衝撃でした。ここまで不運な人生とは…

だからこそ、恩人であるアンさんのことが突き刺さってくる。

アンさんの抱えていた気持ちや結末には非常に悲しみがあり、キナコの揺れる心境は辛いけど欠かせない。

友人の存在も大きくて、キナコの再生の力になっていました。

 

キナコが小さな悲鳴を上げている愛と出会って、支えようとしていくことで起こる変化には涙が出そう。素晴らしい物語でした。

愛が子供だから、より周りに頼らないといけない。

キナコが愛に優しさを持って接していたのはグッときます。

これまでの人生は辛いことばかりだっただろうが、きっと2人の未来は明るい。

希望がある締めに救われました。


壮絶な家庭で潰れかけたキナコ、愛が巡り合って家族になるなんて最高だよ。

幸せになってくれ。

 

52ヘルツのクジラとは―他の鯨が聞き取れない高い周波数で鳴く、世界で一頭だけのクジラ。たくさんの仲間がいるはずなのに何も届かない、何も届けられない。そのため、世界で一番孤独だと言われている。自分の人生を家族に搾取されてきた女性・貴瑚と、母に虐待され「ムシ」と呼ばれていた少年。孤独ゆえ愛を欲し、裏切られてきた彼らが出会い、新たな魂の物語が生まれる―。