羽休みに娯楽を

ラノベや漫画やアニメやら

掟上今日子の備忘録 文庫版

本屋に寄ったら前から気になってた掟上今日子の文庫版が売っていて、迷わず即買いしました。

単行本とドラマの存在は知っていたのですが、どちらの媒体も苦手なので忌避してました。だけど最近、心変わりして、食わず嫌いは良くないと思い、改心してきました笑

f:id:WING31:20180731191558j:plain


さて、紹介しますね。

(内容)

眠ると記憶を失う名探偵・掟上今日子。彼女のもとに最先端の映像研究所で起きた機密データ盗難事件の依頼がもたらされる。容疑者は4人の研究者と事務員・隠館厄介。身体検査でも見つからず、現場は密室。犯人とデータはどこに消えたのか。ミステリー史上もっとも前向きな忘却探偵、「初めまして」の第1巻。

(感想)

久しぶりの西尾維新の小説でしたが、思ったより、普通な文章かと感じたら、展開がまさに西尾節が効いてたんじゃないかと。短編形式でしたが、最初の2話ほどは軽い感じでしたが、途中から終わりにかけては複雑怪奇な展開で集中して読むことが出来ました。


主人公?の隠館厄介が問題を持ってきて、眠ると記憶を失う、掟上今日子の2人がバディじゃないんですけど、しっくりくる関係で、謎や難題を解決していくのが見どころです。


是非続巻も文庫化してほしいです。