羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

呪術廻戦7

呪術廻戦 7 (ジャンプコミックスDIGITAL)

交流会の最中に起きた襲撃によりさらなる惨劇が起こりそうな予感がします。

 

遂にと言いますか、1巻から気になっていた伏黒の一歩引いてる姿勢について。

虎杖の成長を目の当たりにしたり、五条先生に指摘されて、自覚していきましたね。

さらに宿儺が残した言葉もやはり影響してましたね。

抑えることをやめて欲を出していく姿は魅力でした。

また、伏黒姉についてや伏黒恵自身の過去も明かされて、これからどう変わっていくのか楽しみです。

 

そして戦闘で目立つのが少なかった釘崎の本領発揮するところは彼女の呪術師としての狂気が見えて良かったです。もっと釘崎の戦闘が見たいと思いました。

 

特級呪霊・花御等の襲撃を退けた高専だが、宿儺の指と特級呪物「呪胎九相図」が奪われていた。九相図より受肉し誕生する新たな脅威──その危機を知らぬまま、虎杖達は“門に現れる呪霊”退治へと赴くが…!?