羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

彼女が好きなものはホモであって僕ではない 再会

彼女が好きなものはホモであって僕ではない 再会 (角川文庫)

 

純が大阪に転校して、初っ端からカムアウト。どうなるかと思ったら、割と受け入れられる感じで安心しました。

大阪ならではなのかな?東京との差がありました。

転校先の純とクラスメイトとなる、五十嵐はゲイであっさり曝け出せる純に心を揺さぶられる。

純のカムアウトを受けて動揺する五十嵐の戸惑う描写は見事でした。

同じゲイだからこそ、反発してしまう。

たんに五十嵐がアホだからかも知れないが。

 

そして、紗枝がBLを楽しめなくなったり、後輩に悩まされたり、恋にも振り回されて大変そうでしたが、純と再会して自分の気持ちと向き合うことが出来て良い着地をしていたのかなと。

純と紗枝の関係はこれからもずっと友達だ。

久しぶりに再会しても、純の事を見抜くあたりは流石の母さんっぷりでした。

高岡、小野も純と再会して、踏ん切りが着いたのは良かったと思います。

特に小野の成長っぷりには驚きました。

 

ファーレンハイトの過去は結末が分かっていても壮絶な彼の苦悩に引きつけられます。

 

 

 

そして、わたしと彼は理想の居場所を見つけた――「カノホモ」待望の続編!

BL好き女子・三浦紗枝との偽りの恋愛を終わらせ、大阪に転校した同性愛者の少年・安藤純は、クラスメイトの前でゲイであることをいきなりカミングアウトした。自らもゲイである五十嵐明良は、そんな純に苛立ちを覚える。一方、BLを楽しめなくなったことに悩む紗枝は、以前から仲の良かった高岡亮平から告白されるも返事に逡巡し、いまだ純への想いを消化できていない自分に気づく。やがて紗枝は大阪へ向かい、二人は再会するが……。同性愛の少年と腐女子のその後の物語。ミスター・ファーレンハイトの壮絶な過去を描く番外編も収録。