羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

ハケンアニメ!

ハケンアニメ!

 

映画観て、再読。1度目より物語に入り込めました。

文章への慣れや社会人が主役の小説を読み慣れている今だから刺さりました。

 

アニメ作りに関わる人達の必死な思いと自分の仕事に対する熱量に心揺さぶられました。

アニメ作りの困難な部分を描くからこそ、願いを込めたアニメが視聴者に届くのは心から良かったなと思えますね。

仕事に誇りを持って、動いていける情熱に羨ましさを感じました。

 

群像劇で、それぞれの視点から見る創作への覚悟には胸を打たれます。

天才ゆえの苦悩、新人ゆえの未熟さ、監督が苦しみながらも前へ前へと向かっていけるのは、周りのサポートがあってからこそ。

 

監督って偉い立場だけど、チームを束ねないといけないから大変だ。

 

 

1クールごとに組む相手を変え、新タイトルに挑むアニメ制作の現場は、新たな季節を迎えた。伝説の天才アニメ監督・王子千晴を口説いたプロデューサー・有科香屋子は、早くも面倒を抱えている。同クールには気鋭の監督・斎藤瞳と敏腕プロデューサー・行城理が手掛ける話題作もオンエアされる。ファンの心を掴むのはどの作品か。声優、アニメーターから物語の舞台まで巻き込んで、熱いドラマが舞台裏でも繰り広げられる―。