羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

夢に現れる君は、理想と幻想とぼくの過去

夢に現れる君は、理想と幻想とぼくの過去 電子書籍特典付き (講談社ラノベ文庫)

 

やはり、コミカルな会話が好きで堪らない。

何気ない会話や重要な場面でも、思わず頬を緩ます文章は流石です。

 

主人公・颯が過去に失った初恋少女・霧崎が頭から離れずに残っていたが、夢に霧崎を登場させることが出来るようになることで変わっていく。

過去の忘れられない事を拭えずにモヤモヤしてしまう。そんな時に挽回出来るファンタジー要素が効いてました。

 

夢でも逢いたいと思うのは無理ないかな。

 

不思議な能力だが、颯にとっては過去と向き合う良い機会だった。悲しくも晴れやかな読み応えです。

 

颯の周りにいる人達も優しくて、ノリが良いのがまた素晴らしい。

仲間の存在も颯を後押ししていた。

 

 

23歳、職歴半年のニート、ぼくの立場を一言であらわすとこうなる。友人であるカッツンの家に居候させてもらいだらけた日々を送っていたぼくは、夢をコントロールする方法を記載したブログを見つける。夢の中で死なないこと、夢の中に1週間以上とどまらないこと、と注意されつつ、ぼくは思い通りの夢を見る。その夢の中には、10年前に転校した元クラスメイトの霧崎紗耶香が現れる。彼女はぼくの初恋の人で、そして、交通事故で死んでしまった人だった。彼女との交流で、止まっていたぼくの時間が動き出した―。