羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。アンソロジー1 雪乃side

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。アンソロジー: 雪乃side (1) (ガガガ文庫)


作品完結後にファンサービスが良い企画ですね。

(あらすじ)

青春群像小説の金字塔「俺ガイル」がついに完結!9年の軌跡とアニメ3期の放映を祝し、アンソロジー4冊を連続刊行!!本作「雪乃side」は、「雪ノ下雪乃」にまつわる短編とイラストを集めた1冊。石川博品さがら総、天津向、水沢夢裕時悠示ら超豪華作家が書き下ろし短編を特別寄稿。さらに人気イラストレーター、うかみ、春日歩、切符、ももこの描き下ろしイラストを収録。


企画が発表された時から楽しみでしたが、やっぱり楽しい本になっていて、非常に愛されている作品なんだなと思いました。


石川博品先生

最初、何が起こってるのかさっぱりでやりたい放題だなと思いましたが、自由に書きつつ落とすところにはいってるのでズルいと思いました。

さがら総先生

将棋好きは知っていましたが、上手く八幡のやり方を理解していて原作で起こっててもおかしくないダーティーさが出ていましたし、雪乃の心情もしっかり書かれていたのは良かったです。

・天津向先生

八幡と雪乃の普段の掛け合いで、どれだけ息が合ってるかというのが分かるふうになっていて、良い着眼点でした。

水沢夢先生

おっ、白髪の話か。それじゃあ…と思ったら、案の定ツインテールに。描写と挿絵の相乗効果で良い物見せて貰った気分になりました。

裕時悠示先生

1人、自分のフィールドに持ち込んでた印象で大胆だなと思ってたら、雪乃の過去を振り返る様子や懐かしむ情景は染みました。そういう解釈にするのかと。見事。

渡航先生

本編未登場のパパノンが良い味出してました。あの母と陽乃さんと雪乃に囲まれているとかストレスが半端じゃないです。いつか八幡と会って、喧嘩してほしいですね笑



制約があるだろうが、各々が好きな風に書いていて、作品への愛が感じるアンソロジーでした。

長らく書いてこられた渡航先生への感謝の物語が詰め込められたのかなと。

どの作家も素晴らしかったです。
絵師さんも素敵な絵を描いていて、素晴らしいとしか。

渡航先生も嬉しかっただろうなという一冊になっていました。


他のアンソロジーも期待です。