羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

千歳くんはラムネ瓶のなか3

千歳くんはラムネ瓶のなか 3 (ガガガ文庫)


ミステリアスな明日風について

(あらすじ)

「君」にさよならを。 
6月の進路相談会で顔を合わせて以来、俺と明日姉は学校でも会うようになった。 
まるでデートのように出かけることも増え、俺は嬉しい反面……どこか切なさにも似た感情を抱えていた。 
それがひどく身勝手なものだということも理解しながら。 

明日姉は、東京にいく。物語を「編む」人になるために。 
俺は、笑顔でこの人を送り出せるだろうか――。 
大人気“リア充側”青春ラブコメ、第3幕。 
遠い夏の日。君とまた会えますように。

1巻からミステリアスで掴めなかった明日風さんのことをこれでもかと掘り下げていて、非常に良かったです。

大体ミステリアスなキャラクターってそのままにしておくところなんですが、そんなことはせずに真っ直ぐに等身大の彼女を知ることが出来たのは嬉しかったです。

朔や他の子達に余裕そうな態度を見せていても、彼女の中に眠る弱気があって、迷う。

夢や理想を追うには高校生は後押しが欲しい。

そんな明日風が吹っ切れるまで、朔が体当たりするのに、朔の懐の広さを感じました。

自分の限界を決めずに何かにぶつかっていく姿に勇気を貰えました。

そんな朔がヒーローになっている理由も明かされたり、密度が高い話になっていました。

朔と明日風の出会いも浪漫があって、羨ましいなと思ってしまいました。


そして、朔が落ち込んでたり迷ってるときに背中を押す、周りの娘達は本当に良い娘だよ… 


今巻は高校生の頃に読みたかった…

眩しい。

明日風父や岩波先生も良い大人で、素敵でした。


さて、次巻は誰にスポットが当たるんだろう。