羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

吸血鬼は僕のために姉になる

吸血鬼は僕のために姉になる (ダッシュエックス文庫)


優しさが溢れていました。。

(あらすじ)

丘の上の屋敷には、盲目の吸血鬼が住んでいる。そういう噂を聞いたのは、僕がとても小さな頃だ。 
唯一の肉親であった祖父を喪った僕は、件の女性、霧雨セナに引き取られた。 
彼女の正体は噂通りの吸血鬼。ただし、性格は心配性でおせっかいの姉といった感じで、おまけに物理的な距離が常に近い。 
そんな彼女のまわりには、一つ目の怪物、犬の郵便屋など、多種多様な生き物が溢れていて、それらが視える僕には特別な力が宿っているらしい。 
未知の世界で新しい家族――吸血鬼・セナをはじめとする人外の存在と絆を深めるラブコメディ。 
第8回集英社ライトノベル新人賞《銀賞》受賞作!


正直、年上吸血鬼とのイチャイチャだと思っていた自分をぶん殴りたくなるくらい純粋な物語でした。

主人公・日向が吸血鬼・セナと一緒に暮らすことで、今まで見ていた景色とは違う世界が見えるようになり、身近にいる種族の隠していた気持ちと向き合うことになる。

日向が良い意味で正直者の凡人だからこそ、セナや佐伯、心音と正面からぶつかり会えたんだと思う。

幼馴染の心音の隠していたものは周りに溶け込むなら仕方がないもので、切実な悩み。

だからこそ、解決が前向きな感じで良かったです。

友人の佐伯の内に秘めている葛藤や日向への友情は胸が熱くなること間違いなしでした。男同士のかげかえのない絆が刺さりました。

最後に報われて良かったです。

吸血鬼のセナが背負っていたものは非常に重たいものがあり、日向と出会えて、胸に詰まっていた気持ちを吐き出せて良かったです。そして、日向の祖父の過去なども混ざっており、だから様々な種族に尊敬されるんだと説得力がありました。


様々な種族が存在し、共存している世界観や登場するキャラクター達の背景をじっくり描いていたので、作品の中に没頭出来ました。

読んでいて、感情が揺さぶられる物語でした。

出来るならば続きが読みたい気持ちが強いです。


作品の完成度が高いので安心して読めるのでおすすめです!