羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

君が電話をかけていた場所

君が電話をかけていた場所 (メディアワークス文庫)


夏の時期にぴったりの作品なので久しぶりに読み返しました。

やはり夏に読むと浸れる作品でした。


顔に痣があり、後ろ向きで自暴自棄的な生き方をしていた深町陽介だが、ある時謎の少女から電話がかかってきて、ある賭けに乗ることになる。

陽介の痣があって、異物のように取り扱われるような生活の中で、一筋の光のような存在だった初鹿野には簡単には言い表せない感情を寄せていたのは必然だったのかな。


謎の少女との賭けに乗り、自分の顔から痣が消えることで周囲からの扱いが変わり、厳しい世界から優しい世界に変わり、戸惑いながらも受け入れていく。

だが、忘れていた。

自分の顔の痣の行方のことを。


流石三秋先生、魅力的なシチュエーションとままならない現実の狭間の気持ちを描いていて、視野は一変する。


自分がよくなるよりも大切な人の不幸に苦しむのは良いなぁ。

千草も大事なポジションを担っている伏線があり、彼女の本心にも気になります。


クラスメイトや知り合いとの付き合いよりも初鹿野を大事に想う陽介はどうなるのか。

徐々に明かされていく真実と感情に痛みを感じながら、前に進む陽介の未来はどうなる。


下巻への期待が膨らむ引きでした。


(あらすじ)

「賭けをしませんか?」と受話器の向こうの女は言った。「十歳の夏、あなたは初鹿野さんに恋をしました。しかし、当時のあなたにとって、彼女はあまりに遠い存在でした。『自分には、彼女に恋をする資格はない』。そう考えることで、あなたは初鹿野さんへの想いを抑えつけていたのです。…ですが、同時にこうも考えていました。『この痣さえなければ、ひょっとしたら』と。では、実際に痣を消してみましょう。その結果、初鹿野さんの心を射止めることができれば、賭けはあなたの勝ちです」。