羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

髭と猫耳

髭と猫耳 (星海社FICTIONS)

 

賭博師は祈らない、吸血鬼に天国はない、の周藤先生の新作。

髭の執事・ロイドが猫耳のお嬢様・エミリアに付き添い、自分探しの旅に出るというもの。

エミリアのわがままにロイドが付き合って解決していく。

一見無鉄砲に感じるエミリアだけど、要所で物事を俯瞰して見ているところがあり、ただものではないなと。

 

エミリアやロイドが旅先で出会う人の背景には善意、悪意が絡んでいて、解決というのは難しい事柄でもエミリアやロイドが最大限寄り添おうとするのは心にきますね。

善悪というのは生まれ育った環境次第で育まれていくものだから、人は他人と溝が出来たら簡単にはいかないんだなと。

みんな仲良くなるのは難しいよね。

獣腫という設定で人間は自分より上の生き物とは暮らしていくのは一筋縄にはいかないんだなと思ったし、人の根っこの部分を掘り下げることに繋がっていて良かったです。

 

ロイドがエミリアを支えていることが多いけど、エミリアもロイドをきちんと見ているのが分かる終盤はいいなぁって思いました。

年の差や様々な障害があってもエミリアは信じてるんだな。

 

出来れば続きが読みたいです。

エミリアとロイドの旅を最後まで見届けたいです。

 

「獣腫」の猫耳を持つエミリアは、学術都市ラグノマで学院に通う18歳の貴族令嬢。
決められたレールを歩む人生に悩んだ彼女は、一念発起し「自分探しの旅」へ繰り出すことに!
壮年の執事・ロイドを連れて、未知への一歩を踏み出した。

「獣腫」とは、人体が獣の形質を宿す現象。
世界は戦後の穏やかさに浸りながらも、「獣腫差別」が残存していた。

いざ、世界を見つめ、自分を見つける卒業旅行へ!