羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

結婚が前提のラブコメ3

結婚が前提のラブコメ 3 (ガガガ文庫)

 

今回はエロ漫画家の牡丹が婚活で壁にぶつかる。

それは仕事と結婚の両方を取るということ。

漫画を優先するあまり相性の良かった相手と別れてしまった牡丹は自業自得といったらそれまでなんだが、創作においては前のめりに集中してしまうこともあるんだろう。そこをなんとか出来ないとなると致し方ないか。

相手の駿河野さんが良い人だっただけに惜しかった。

 

牡丹は迷走に入り、好きだった漫画を辞めて婚活に専念するがうまくいがず、そんな牡丹に寄り添うために縁太郎も自分の婚活とも向き合い迷いながら結衣やカレンに助けられながらだけど、前に進んでいく。

結衣やカレンが縁太郎にアプローチしつつ、縁太郎のために何かしようとしたくなるのは縁太郎が好きだからというのもあるが、彼女達も縁太郎が幸せになってほしいからで、縁太郎には結衣、カレンとも向き合ってほしいな。

あと、縁太郎のお見合い相手の大鳳さんには幸せになってほしいな。彼女も婚活を戦っているという感じで好きでした。

 

迷いながらも結論を出せた縁太郎だからこそ牡丹の気持ちを動かせて、牡丹が自分にとって何が大事だったのかを自覚出来るところは熱かったです。

牡丹もここまでされたら縁太郎に対しての気持ちは変わるよなぁ笑

これから大変だ。

 

さて、次巻はまひるさんだが彼女も縁太郎を好きになってしまうと作品の行き先が心配になるが、どうなる。

 

今回登場しなかったなといえば最後に登場した噛ませさんはほどほどにしてほしいなと思います。

 

牡丹と駿河野が、すれ違いの末に別れてしまった!そこには婚活における大きなジレンマ―“仕事と結婚”問題があった。頭を抱える縁太郎だったが、そんな彼のもとにも婚活話が持ち上がる。相手は、京の呉服屋の娘。結婚の条件は―いまの仕事を辞め、婿養子として家業を継ぐこと。縁太郎もまた、牡丹と同じ問題に直面することになったのだ。そして、彼の縁談を聞いて、気が気ではない二人が動きだし…?ぜったい結婚したい系婚活ラブコメ、第3幕。これはきっと、あなたとも“無縁ではない”物語。