羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

物理的に孤立している俺の高校生活9

物理的に孤立している俺の高校生活 (9) (ガガガ文庫)

結末が気になっていたラブコメの最終巻。

えんじゅの好きという本音をどうするのかと気になっていましたが、こう来ましたか。

業平とえんじゅが素直に付き合うような姿は確かにこの時点では思い浮かばないなと。

ただ、えんじゅの気持ちはそっとしまってしまったがいつか気持ちが膨らむかもしれませんから、その時はどうなるかなと想像してしまいます。

愛河はえんじゅに遠慮し過ぎていたが、えんじゅが向き合ってくれて2人が気持ちを吐露し合えたからこそ愛河は救われたんだな。

優しいからこそ気にするんだよな。

えんじゅは見事に気持ちを隠しきれてツイテましたね。

 

毒舌で素直になれないえんじゅと業平の関係は落ち着くところに落ち着いたなと。

業平の異能も落ち着けて、めでたしめでたしですね。

明星先輩は不思議な立ち位置でしたが好きな人物でした。


複雑な青春ラブコメとしてよく楽しめる作品でした。


 

愛河に告白して振られてしまった業平。その理由は、高鷲が意図せずココロオープンで業平に見せた“好き”が影響していた。やり場のない感情を抱えたまま人研で顔を合わせるのも気まずくなってしまう二人。一方、高鷲は自分が原因になったとはつゆ知らず、三人の中に微妙な距離が生まれてしまう。しかし、愛河への気持ちを諦めきれない業平は再始動を決意!その一方で、業平と高鷲が両想いと思い込む愛河は、高鷲を呼び出す…。すれ違ってしまう3人が見つける本当の気持ちとは!?残念系能力者達の青春ラブコメ、完結!!