羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

狼と香辛料 (2)

狼と香辛料II (電撃文庫)

 

ロレンスとホロの関係性が良い。

ぶっきらぼうに見えて気遣いができるロレンスと分かっていてもロレンスから好意的な台詞を聞きたいホロ、2人が徐々に相手が求めることを分かっていくのが堪らなく愛おしくもなる。

 

今回、ロレンスの商人として絶体絶命のピンチに陥る。まさか2巻で破産までいきかけるとは思いもしなかった。

思わぬところに落とし穴があり、欲を見せると痛い目に遭うのは勉強になります。

商人として、上手く行く時があれば、悪い時もあることで物語に緊迫感を生んでいて、良い読み応えにも繋がっていました。

 

ロレンスとホロの間で起こる少しの亀裂には、読んでるこちらも心が痛む。

互いに悪くないだけに、気を使い合い、ぶつかり合って仲を修復出来てホッとしました。

 

最悪の状況から2人が信頼し合って、挽回していく終盤の流れは夢中になりました。

展開の緩急が見事で、気持ちよく振り回されました。

 

狼神ホロとの二人旅を続けることを決めた行商人ロレンス。港町パッツィオでの銀貨騒動で儲けた上等な胡椒を武器に交換し、異教徒の地への玄関口、北の教会都市リュビンハイゲンで大きな商売を仕掛けた。しかし思いもかけない謀略に嵌ってしまう。賢狼を自称するホロでも解決策はすぐには見つからず、時と運にも見放されたロレンスは、商人生命を絶たれてしまうほどの窮地に。何とか秘策を思いついた二人は、リュビンハイゲンへ向かう途上で出会った羊飼いの少女にある任務を託すのだが…。第12回電撃小説大賞銀賞受賞作第2弾。