羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

アンと青春

アンと青春 (光文社文庫)

 

タイトルに青春とあるが、青春要素は少なめ。

むしろ、人の弱さや暗さが目立っていたかなと。

 

今回はアンが傷ついたり、悩むことが多かった。それでも前に進む姿に勇気が貰えます。仕事に慣れてきているからこそ、自分の仕事や立場を疑ってしまう。わりと社会人あるあるが含まれていましたが、周りの人達の支えでアンが立ち直っていくのは見事。

アンがきちんと仕事しているから、アンが落ち込んでいたら助けてくれるんだよな。

 

ちょっとした恋愛要素だが、立花や柏木の争いは今後どうなるのか気になります。アンは意識してないのがどう響いてくるか。

 

作風で言えば、前巻の緩い雰囲気から一転して、謎の真相に至るまでに知りたくないような背景があって、アンが試されているようでした。

最後はスッキリ終わって良かったです。

 

 

アンちゃんがデパ地下の和菓子店「みつ屋」で働き始めて八ヶ月。販売の仕事には慣れてきたけど、和菓子についてはまだまだ知らないことばかりだ。でも、だからこそ学べることもたくさんある。みつ屋の個性的な仲間に囲まれながら、つまずいたり悩んだりの成長の日々は続きます。今回もふんだんのあんことたっぷりの謎をご用意。待ちに待ったシリーズ第二弾!