羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

死神の浮力

死神の浮力 (文春文庫)

 

前作がイマイチだった記憶があるが、今回は長編で、1冊丸々調査に使ったのが良かったのかもしれない。

千葉さんの独特な雰囲気、異様な知識が登場人物を振り回すのが痛快でした。

娘を殺された夫婦が復讐を企てるもので、娘を殺した犯人がまた姑息で悪党。それで知恵が回るのが厄介。しかし、死神・千葉さんの不思議な能力でなんとか収まる。もはや千葉さんへ突っ込む気力がなくなるくらい、夫婦と千葉さんの関係が出来ているのも良い。

 

千葉さん以外にも死神が出てきて、情報共有は興味深い。意外?にも千葉さんは働き者だった笑

それでも死は見送らないドライさがまた良い。

 

散々、犯人に振り回されて、もう、犯人は罰せられないのかと思ったが、これ以上ない罰が下って溜飲が下がりました。まさか、あそこが伏線になるとは思いもしませんでした。

また、犯人に娘が一矢報いたのは最高でした。使い方がうますぎる。

 

始まりから終盤まで暗い場面が多かったが、締めが爽やかだったのが救いでした。

 

 

 

娘を殺された山野辺夫妻は、逮捕されながら無罪判決を受けた犯人の本城への復讐を計画していた。そこへ人間の死の可否を判定する“死神”の千葉がやってきた。千葉は夫妻と共に本城を追うが―。展開の読めないエンターテインメントでありながら、死に対峙した人間の弱さと強さを浮き彫りにする傑作長編。