羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

密室狂乱時代の殺人 絶海の孤島と七つのトリック

密室狂乱時代の殺人 絶海の孤島と七つのトリック (宝島社文庫)

 

大変レパートリーに富んだ密室トリックゲームでした。

密室殺人が盛んな時代という特殊設定だからこそ、起きる事件の数々が興味深い。

今回は密室トリックゲームなるものを孤島で行われて、次々と密室殺人が発生する。

前半は頭が切れる密村が制限がかかる展開で、アレ?と思ったが構成の都合だったのかな笑

ゲームどころではなく、本当に殺人が起きてからが本番だったか。

 

次々と起きた殺人事件の真相はインパクトがあるもので、推理解説を読むのが楽しい。図面があるので親切。文章だけではなく、図面でも解説されるから納得しかない。

犯人の動機やトリックゲームが行われた背景、様々な種明かしがある終盤には、作者の熱量が感じられました。これでもかと詰まっていた物語で良かったです。

そして、最後に明かされたトリックの解説にはあっと驚かされました。大満足です。

 

密室のスペシャリストの前に立ちはだかる7つの密室。
密室の不解証明は、現場の不在証明と同等の価値がある――“密室殺人”に初めて無罪判決を下した元裁判官も加わり、謎を解くため奔走する!

日本有数の富豪にしてミステリーマニア・大富ケ原蒼大依が開催する、孤島での『密室トリックゲーム』に招待された高校生の葛白香澄は、
変人揃いの参加者たちともに本物の密室殺人事件に巻き込まれてしまう。
そこには偶然、密室黄金時代の端緒を開いた事件の被告と、元裁判官も居合わせていた。
果たして彼らは、繰り返される不可能犯罪の謎を解き明かし、生きて島を出ることができるのか!?