羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

一年生編の締めくくり ようこそ実力至上主義の教室へ11.5

ようこそ実力至上主義の教室へ11.5 (MF文庫J)


表紙の一ノ瀬が堪らん!

ただ、本編ではしょげてて、清隆に懐柔されてしまってるが…


一年生編の締めくくりとなっている春休みの日常が描かれている、短編。

いつも通り短編というか本編みたいな内容でした。わりと重い内容が挟まってて、これ読まないと駄目でしょみたいな。みんな読もう!


三年生が卒業して、堀北兄と妹が本音で話しあって和解できて良かった。もう堀北は大丈夫だ。多分。ただ、成長しているとはいえ、清隆と勉強で勝負しても差はあるだろうから盛り上がるかな。


清隆がひよりを通じて、龍園を挑発したり、橋本、神崎も動いてたりして、男が引っ張っていくんだなーと。トイレの挿絵は笑いました。


一ノ瀬が危機感を感じて、落ち込んでる。C.Dクラスが強いからBクラスピンチだよな。一ノ瀬がすっかり清隆に心許していて、危ない。まさかこんな弱って、すがるとは…

二年生が終わった頃に、クラス変動がどうなっているのか気になる。


最後らへんに出てきたクラスメイトの松下が実は実力者みたいだけど、実際どうなのか気になる。まぁ、はぐらかせそうな感じではあったが。


軽井沢はすっかり清隆に弄ばれてるけど、いつか訪れるであろう、役目を終えるときが怖いです。




さて、理事長との対決、堀北との勝負、軽井沢との関係の変化、南雲の改革、などなど、二年生編も楽しみです!