羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

お前らどれだけ俺のこと好きだったんだよ!

お前らどれだけ俺のこと好きだったんだよ! (GA文庫)


恋愛頭脳戦(笑) 

戦いというより自滅しあっている感じが、なんだか癖になりました。

(あらすじ)

「俺を側に置きたい? ……何故だ!?」 
初めての恋人に僅か一週間でフラれた芦宮隆人は、かつて交流のあった学園のカリスマ、才媛の後輩―― 
月ノ瀬白雪に秘密の部室へ誘われる。 
(コイツまさか俺に気が――!? いや、単にからかうつもりか……!?) 
立ち直り新たな恋愛に勤しむべく美少女からのアプローチに期待しつつ、失恋をイジられてなるものかと身がまえる隆人。 
かたや――、隆人に恋人ができたショックで寝込むまで己の恋心に気づかなかった白雪は、生来のプライドの高さから素直になりきれず、隆人から告白させようと恋の駆け引きを仕掛けていたのだ!! 
(失敗したぁあ。わたしのばかー! ) 
白雪はその知謀で隆人へと迫るが、才女ゆえに恋愛経験と知識に乏しく、気づかれない……!! 
恋に慎重過ぎる少年と、恋に疎過ぎる才女たちの駆け引き――『告白待ちバトル』開幕!


読む前は期待半分不安半分でしたが、読み進めていくにつれて、主人公やヒロイン達の苦悩や自滅っぷりを見ていて、みんなを応援したくなりました。

なんで、こんなにも上手くいかないんだろうと思うだろうが、アプローチをやめないで欲しいですね。


ヒロイン達は割と好意を示しているんですが、主人公・隆人が生徒会長に1週間で振られたショックなのか、元からなのか、ヒロイン達の好意の裏を読もうとしてしまうから、焦ったい距離を見せていますね。


みんな、自分の頭の中で考えを済ませているから、勝手に進めてしまうんだな。

裏を読もうとするがゆえに、表に出てる好意を見逃してしまうなんて、どうすれば良いんだ。



個人的にはヒロインの白雪、くらら、乃愛、みんな可愛いけど、乃愛が好きですね。

性格がそれぞれ違うが、全員自分に自信を持っているのが良いです。


ヒロイン達がみんな集まったところで終わったので、これからどんなやりとりが見れるのか、非常に楽しみです!



生徒会長の裏も出来れば知りたいかな。