羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

恋に至る病

恋に至る病 (メディアワークス文庫)

斜線堂先生がまた爆弾を投げつけてきた。

そして惑わされる。

(あらすじ)

やがて150人以上の被害者を出し、日本中を震撼させる自殺教唆ゲーム『青い蝶』。その主催者は誰からも好かれる女子高生・寄河景だった。善良だったはずの彼女がいかにして化物へと姿を変えたのか―幼なじみの少年・宮嶺は、運命を狂わせた“最初の殺人”を回想し始める。「世界が君を赦さなくても、僕だけは君の味方だから」変わりゆく彼女に気づきながら、愛することをやめられなかった彼が辿り着く地獄とは?斜線堂有紀が、暴走する愛と連鎖する悲劇を描く衝撃作!


読み終わったら、まじかまじかまじかと思うことだろう。

ひたすら、主人公・宮嶺の視点で読み進めていたから寄河景の裏の更に奥まで想像していなかった。

読み終えてみると、最初から最後まで寄河景という少女の手のひらの上に転がされていたのかどうか。

どう解釈すれば良いのか分からないのに、非常に良いものを見せられた気分になりました。


個人的には信じたいけど、信じきれないな。


寄河景という優等生が持っていた蝶に惹きつけられる、暗い仄かな魅力がありました。


刑事の入見さんも頑張って推理していたが、結局のところ彼女の真意はなんだったんだろう。

悔しいけど分からない。

ただ、宮嶺は後ろめたさや罪悪感を持ちながらもヒーローであろうとする姿勢は褒めたいなと思いました。


宮嶺と寄河景のしてはいけない恋の形は必見です!


他の人の感想が気になります。