羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

あなたへの挑戦状

あなたへの挑戦状

 

競作とはどういう意味かも知らずに、阿津川先生と斜線堂先生が書いているというだけで条件反射で読みましたが、問題なかった。むしろ知らないからこそ、256Pまで読み、袋綴じの挑戦状を読むことで、見事に衝撃を喰らうことが出来ました。頬にビンタされた気持ちになりました。

 

阿津川先生、斜線堂先生、互いに互いを知っているからこそ、高いハードルを課して、乗り越えているようで気分が上がりました!

中編2本だけど、両作家の良さが詰まっていて、読みごたえが抜群でした。

阿津川先生の名探偵の使い方が素晴らしかったし、斜線堂先生は正しさよりも気持ちを優先さていて、作家としてのスタンスが感じられて良かったです。

作者が好きな人は必読です。

 

☆☆この挑戦、ネタバレ厳禁☆☆

ミステリランキングを席巻した二人による
驚愕と論理に満ちた世界へようこそ。

阿津川辰海が描く「奇怪な城の密室殺人」
VS.
斜線堂有紀が描く「死体と眠る犯人」
ミステリ新世代の圧倒的才能が、いま衝突する。

―――

本書には、あなたへの挑戦状が含まれています。

『紅蓮館の殺人』『透明人間は密室に潜む』の阿津川辰海と
『楽園とは探偵の不在なり』『廃遊園地の殺人』の斜線堂有紀が
「あなたへの挑戦状」というテーマで小説を書いて競い合う!
加えて、競作過程を描いたネタバレ満載の「競作執筆日記」と「ミニ対談」を収録。

阿津川辰海「水槽城の殺人」
――巨大な水槽のある円柱型の建物「水槽城」で怪死事件が発生。犯行当時、水槽で現場は隔離されていた。

斜線堂有紀「ありふれた眠り」
――犯人は犯行後、死体の横で一晩眠っていた。才能あふれる妹を持つ凡人の兄は、とある秘密を妹に話せずにいた。