羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

最良の嘘の最後のひと言

最良の嘘の最後のひと言 (創元推理文庫)


嘘にまみれたバトルの先にあるものは。

(あらすじ)

世界的な大企業・ハルウィンが「4月1日に年収8000万で超能力者をひとり採用する」という告知を出した。審査を経て自称超能力者の7名が、3月31日の夜に街中で行われる最終試験に臨むことに。ある目的のために参加した大学生・市倉は、同じく参加者の少女・日比野と組み、1通しかない採用通知書を奪うため、策略を駆使して騙し合いに挑む。傑作ノンストップ・ミステリ。

大企業への就職と大金を巡って、超能力者達が嘘にまみれたバトルを展開していき、スリム満点のサバイバルでした。

参加者がどの人物も様々な嘘をついていて、いったい誰がどういう狙いなのかが最後まで分からない展開で、ワクワクしました。

次から次へと目まぐるしく変わっていく状況に置いてかれないように必死でした。


主人公の市倉の一見凡人そうなのに実は頭が切れるというのも魅力だと思います。

そして、彼が言った最良の嘘も好きですし、最良の嘘のルールに関しても最高の決め事でした。


河野裕先生は超能力者を引っ掻き回すのが得意なんだなと感じました。

全て、作者の手のひらの上で転がされた印象です。

展開、キャラクターの個性、嘘のルール、全てが素晴らしい要素でした。