羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

吸血鬼に天国はない③

吸血鬼に天国はない(3) (電撃文庫)


死神や吸血鬼が生み出された理由。

(あらすじ)

監獄から抜け出した『死神』。死の匂いが充ちる街でルーミーたちは……。 
「お兄ちゃんも真面目に生きて、天国を目指そうって気になってきたんですか?」 
個人でやっていた運び屋を、会社として運営し始めて早一月。恋人のルーミー、そして社員として雇い入れたバーズアイ姉妹たちとともに仕事を回す日々。経営は苦しいながらもシーモアは、情報屋のフランから「真面目」とからかわれるような幸せに浸っていた。 
だがある日シーモアのもとに捜査官から、ルーミーのもとに殺人株式会社から、脱獄した『死神』の捕獲・討伐に協力するようそれぞれ秘密裡に依頼が入る。 
一方、『死神』の手による連続殺人事件が巷を騒がせるようになり、街は徐々に無秩序がはびこるようになっていた。はからずも同時期、街には新たなる怪異が産声を上げようとしていて……。


今までのように無軌道に動けるような立場ではなくなって、違和感があったシーモアだが、ルーミーもまた悩んでいて。。

相変わらず、悩み事に一からぶつかるから、凄い遠回りに進んでいくんだけど、そうやって自分の感情を噛み砕いて自分に取り込んでいくことで育まれていくから、確かな関係を築いていけるんだろうな。

悩まずに流されていく生き方よりも、悩みながら生きていく方がカッコ良いかな。


ボカされてきた死神の正体が明らかになり、なんて存在なんだと思ったが、思いがけないところに持っていくから、恐怖の象徴だけど憎めないですね。

そんな死神も迷いから抜け出せたみたいで良かったなと。


シーモアとルーミーのゆっくり変わっていく関係には焦らされるが、だからこそ最後の突き抜けたところにぐっときました。



まだまだ続きが楽しみです。