羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

現実でラブコメできないとだれが決めた?

現実でラブコメできないとだれが決めた? (ガガガ文庫)


ブコメ好きな主人公・長坂耕平が現実でラブコメを実現するために際どい調査(犯罪)やデータ(偽造)を武器に熱苦しくて馬鹿馬鹿しい理想に挑む姿に不思議と惹かれていきました。耕平の熱量は作品の持つポテンシャルに繋がりますね。

また、軽い作風かと思ったら、中盤から耕平のラブコメを目指した理由や上野原彩乃がどうして耕平と共犯にいたるまでの過程が明かされてから良い意味で重さが増してきて、良い締めくくりでした。

耕平だけでなく、ヒロイン達の描写もあり読み応えがあります。

まさかのヒロイン同士の腹の探り合いも混ぜられていて、ラブコメ実現は厳しそうだが、耕平の予測不能な行動力ならと期待したくなります。

共犯者の彩乃とどうラブコメを作り上げていくのか楽しみです。そして、いつまで彩乃が共犯者という立場に収まるのかも見ものです。

メインヒロインの清里芽衣がどう動いていくのかも気になります。

周りの男達や生徒会の日野原幸先輩も何かありそうで、キャラクターもそれぞれ魅力的です。

伏線の回収やキャラクターの背景も練り上げられていて好きな作品になりました。


ガガガ文庫の引き継がれる青春ラブコメの系譜。

今後も楽しみなラブコメですね。


(あらすじ)

データでつくる最高の理想郷(ラブコメ)! 
「ラブコメみたいな体験をしてみたい」 
ライトノベルを嗜むすべてのラブコメ好きは、一度はこう思ったことがあるのではないだろうか? 
ヒロインとイチャラブしたり、最高の友人達と充実した学園生活を送ったり。 
だが、現実でそんな劇的なことが起こるわけもない。 
義理の妹も、幼馴染も、現役アイドルなクラスメイトもミステリアスな先輩も、それどころか男の親友キャラも俺にはいない。 
なら、どうするか? 
自分で作り上げるしかないだろう! 
ブコメに必要なのは、データ分析と反復練習! そして―― 
第14回小学館ライトノベル大賞、優秀賞受賞作。 
ライトノベルに憧れた俺――長坂耕平(ながさかこうへい)が、都合良くいかない現実をラブコメ色に染め上げる!