羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

現実でラブコメできないとだれが決めた? (6)

現実でラブコメできないとだれが決めた? 6 (ガガガ文庫)

 

最高のラブコメ作品でした。

清里さんの妨害を掻い潜り、耕平、彩乃がやってくれました。耕平の執念には恐れ入りました。

そして、今まで耕平に救われた、勝沼日野春が力を貸してくれる展開は熱い。

それぞれ、内に葛藤を秘めていて、もがきながらも前に進んでいく姿にホッとしました。

 

清里さんでも予想外の展開だったように、現実でラブコメを実現させるという狂気じみた計画が達成出来たのは共犯者の彩乃の功績が大きかった。

今までは流れるがままだった、彩乃が自分の意思で策を弄したのは最高だよ。

共犯者として、耕平の1番の理解者であると示してみせた姿は爽快でした。

 

自分を見失っていた清里さんを救ってみせたのは見事でした。

誰もが、笑って終われるラブコメ作品でした。

全員をハッピーにしてみせたのは素晴らしかった。

 

作者の次回作を楽しみにしています。

 

そして、ラブコメは実現する。

一通のラブレターから、物語は始まった。幼馴染をでっち上げ、ポンコツギャルの素を暴き、迷える先輩の背中を押してーー。残るは、ひとりぼっちのメインヒロイン。みんなを笑顔にしたいと願い、裏切られ、理想に絶望した彼女だけ。道は険しく、壁は厚く。立ちはだかる現実は、かつてなく強大でーー。だけど俺には、あいつがいてくれるから。あいつと一緒だから、どこまでも戦える。さぁ、覚悟はいいか? 今こそ、俺たちのハッピーエンドを成し遂げよう! 『実現するラブコメ』これにて完結。