羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

灰と幻想のグリムガル level.7 彼方の虹

灰と幻想のグリムガル level.7 彼方の虹 (オーバーラップ文庫)


またもや知らない未知の世界に入り、話す言葉や文化が違う場所に入ったハルヒロ達。

さぐりさぐりに情報を集めていき、生活を送っていくのはスリルがあって良いです。

なんか久しぶりに緊張感が漂う冒険になってました。ミスをしたら死ぬみたいな。


そして数巻にわたり、匂わせていたメリィとクザクの関係がハッキリして、ハルヒロはだいぶ落ち着けたんじゃないかな。クザクは諦めてないだろうけど。

ハルヒロとメリィはお似合いだけど、互いに引いちゃうからなぁ。


グリムガルに戻ってこれそうになり、グリムガルに来る前の記憶やグリムガルってなんなんだという極めて当然な悩みが出てきました。そして、ハルヒロ達の故郷は…というのが大事ですね。


ハルヒロが抱えている、自分より他人を優先するスタイルを良しとせず、メリィやシホルが注意するのは良いな。もっと良い合わないと。

終盤のハルヒロの心情は辛かったですね。ミスにミスが重なり、状況が悪化していく。

気になる引きでした。


(あらすじ)

『黄昏世界』から脱出したハルヒロたちは、グリムガルとも異なる『太陽の昇らない世界』にへと足を踏み入れた。なんの情報もないまま、それでも仲間を率いるハルヒロ。幸いなことに、異界の住民たちが住み着く村を発見し、ひとまずの安全を確保できたものの、過酷な環境に問題は山積みだった。更に最も必要とする「グリムガルに帰る方法」はまだ手がかりさえも見つからない。自分たちは帰ることができるのか、そして時たま頭をよぎる本当に『帰る』場所は違うところなのでは、という感覚。様々な想いを胸に抱きつつ、ハルヒロたちは、異界の探索を進めていく。灰の中をさまよい、行き着く先には―。