羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

灰と幻想のグリムガル level.14+ 相変わらずではいられない

灰と幻想のグリムガル level.14+ 相変わらずではいられない (オーバーラップ文庫)

 

短編集。円盤を集めていなかったので、ありがたい。

本編が過酷な状況なので、初期の雰囲気だけでも癒されるというか浸れました。

ゴブリン退治した頃のジタバタした感じが好きなんですよね。

ユメ、シホルがギルドの師匠と出会ったエピソードはなんか微笑ましいです。

ユメと師匠の関係は師匠に同情してしまう笑

ユメの自由奔放で掴めないから教えるのは大変だろうが、師匠にとってはためになったんじゃないかな。

シホルはすけべな老師でセクハラが絶えないが、こういう柔らかい人じゃないと内気なシホルも耐えらなかったのでは?次に会う時はあるんだろうか。

 

さて、マナト。

ハルヒロ視点だとなんでハルヒロ達の仲間になってくれたのか、ハルヒロにアドバイスを投げなかったのかが気になってましたが、マナト視点の話を読むと解消されました。結末の悲しさが増しましたが…

マナトはなんでも出来たから、レイジの仲間にもなれただろうが、ハルヒロ達のリーダーに落ち着いていたのは本人も気づかないうちに居心地の良い場所にいたからか。

裏の顔を持っていて、ハルヒロ達と距離を感じていたが、なんとなくここにいたら自分の為にっていたから、もっと生きていたかったよな。

最初は仕方なくだったが気づけば…

気づくのが遅かったのは切ない。

もっと生きていたらハルヒロとは深い仲になれたのを思うと、もしもというのを考えてしまうがグリムガルはそんな甘くない。

 

そして、ランタ。

ハルヒロ達と別れた後に成長していて、カッコよくなってることに驚き。

ランタの頭に浮かんだのはユメかな。

ランタはハルヒロ達と合流出来るのだろうか。

 

ハルヒロたちが他界パラノへと迷い込んでいた時、グリムガルではとてつもない異変が起きようとしていた…。激動する世界で、その男は仮面の奥に素顔を隠し、独りオルタナを目指す―。「オレは、オレの心に従ってるか…?だったら、何の問題もねえ」旅を続けるランタの悪戦苦闘を描いた書き下ろしエピソード『仮面有情』。そして、志半ばで死んだ見習い義勇兵・マナトの想いを綴る『お願いだから、あと少しだけ』、シホルとユメがギルドで出会った師匠たちとの交流を描く『今日はおやすみ』など、TVアニメ用特典小説も併せて全4エピソードを収録!