羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

コージーボーイズ、あるいは消えた居酒屋の謎

コージーボーイズ、あるいは消えた居酒屋の謎 (ミステリ・フロンティア 109)

 

あらすじで興味が湧き、読んだが面白かったです。

コージーミステリーというのはあまり読みなれてなかったが、読み進めていくうちにのめり込めました。

探偵ではないが、好奇心を持つそれぞれの大人がカフェであーでもない、こーでもないと議論していく様子が魅力的で、最後に寡黙な店主が謎の真相を当てるという様美式も飽きることく物語に入れます。

店主が話すまでの推理の推移も手堅く、話の行方を最後まで読みたくなる構成でした。

 

作中、ほぼ会話で展開していくのだが、飽きるどころがもっと登場人物の話を聞きたいと思いました。

ミステリーとしてはもちろん全話冴え渡ってました。

会話のちょっとしたところが解決に繋がるので、些細な部分も見逃せません。

 

魅力的な登場人物、日常に起こる謎として絶妙な塩梅、推理を巡らせる楽しさ、魅力的な作品でした。

読み終えても、彼らの会話が読みたくて仕方ないです。

 

各話の締めに挟まれている作者のコメントも味があって、より作品に好きになりました。

 

今作を読んだら、コージーミステリーの有名作に手を出したくなりました。

 

 

昨日行った居酒屋が消えた? 引き出しのお金が四万円も増えていた? 誰も死んでいないのに姉から喪中はがきが送られてきた? ミステリ談義の集まりにひとりゲストをお呼びして、毎回カフェでゆるゆると行う推理合戦。それなりにみんながんばるのだけど、いつも謎を解き明かすのは店主の茶畑さんなのだった。もっと気軽に謎解きを楽しみたいと思っていた皆さんへ贈る、ユーモラスなパズル・ストーリー七編。期待の新鋭のデビュー作。