羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

密室蒐集家 文庫

密室蒐集家 (文春文庫)

 

密室のミステリーが読みたくなったので読みましたが、非常に満足度が高い短編集でした。

全てが面白い。

どの話も密室の事件で一貫していて、短編としての切れ味が冴え渡っているように思う。

ただ、ちょっと無理があるかな?という部分があっても、気にさせないくらいの作品でした。

 

 

まず、事件の不可解さに驚き、調べれば調べるほど難しい事件だと認識する。

そして、密室蒐集家が現れる。

そこで、犯人をあっさり当てていく。

なんとも美しい推理力。

どの話も事件自体が良く練られていて、読み終えて見るとヒントは確かに散らばっていることに気づくのが素晴らしい。

ただ読むだけでは当てられませんね。

 

事件をかぎつけ、解いては消える。

幻想的な存在だが、それがまた密室蒐集家の魅力ですね。

1話の少女を再び登場させることで密室蒐集家の掴めなさ、奇妙な空気感が際立っていたのかなと。

 

続くなら是非とも読みたい。

 

 

鍵のかかった教室から消え失せた射殺犯、警察監視下の家で発見された男女の死体、誰もいない部屋から落下する女。名探偵・密室蒐集家の鮮やかな論理が密室の扉を開く。これぞ本格ミステリの醍醐味!物理トリック、心理トリック、二度読み必至の大技…あの手この手で読者をだます本格ミステリ大賞受賞作。