羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

ようこそ実力至上主義の教室へ 2年生編8

ようこそ実力至上主義の教室へ 2年生編8 (MF文庫J)

 

.5みたいな息抜き感がある修学旅行回でした。結構閉鎖的な環境なはずだけど、修学旅行行くんだな。

また、特別な試験はなく、クラスが違う人と行動を共にするだけだから、気軽に読めました。

それでも、要所で見どころがありました。

須藤の堀北への告白。これに関しては、もうこれしかないという落としどころ。イラストもピッタリでした。

伊吹の堀北への執着心。最近の2人の関係はぶつかり合いながらも彼女達なりに仲良くなっているのがうかがえる。また、副効果で櫛田も素を晒すことが出来るというのはお得だなと。

 

溜めの巻ではありますが、龍園の坂柳への策や坂柳の龍園への対処、一之瀬クラスの諦め、など続きが気になる要素があります。

龍園、坂柳、どちらとも自分の勝利を疑っていないですが、どちらに軍配が上がるか楽しみです。ここに来て、Aクラスの掘り下げに入っていて、また魅力的な登場人物が増えました。

 

一之瀬クラスに関しては、2年生編に入ってから、ほぼ空気だったので、さもあり何といった感じですが、遂に一之瀬本人に限界が。

清隆がどう介錯するかは見ものです。

星ノ宮先生はみっともないなとしか。

 

今巻の1番は櫛田の変化かな。

最初から嫌な活躍ばかりで、良い印象はなかったですが、ここに来て、こういう心境の変化をさせるのかと驚きました。

ここまで計算していたとしたら、凄いなと。

あと、意外とちょろいヒロインだったのは良かった笑

 

「敵を知り己を知れば百戦危うからず。今回の修学旅行のテーマだ」

期末試験も終わる11月下旬、修学旅行の詳細が発表された。
行先は北海道。特別試験は存在せずスキーや観光など通常の修学旅行と変わらない。だが各クラス男女で2名ずつ合計8名がグループとなり4泊5日の旅行中行動するという特殊なものだった。綾小路は櫛田の他、まさかの龍園など他クラスの面々とグループを組むことになる。だが事はそう簡単に進むわけもなく「おまえ何か勘違いしてんじゃねえだろうな、綾小路」「勘違い?」「既に俺と坂柳の前哨戦は始まってんだよ」波乱を感じさせるもので――!? 一方、生徒同士の関係を大
きく変えるイベントも進んでいた。「俺は―――鈴音に正式に告白する。付き合ってくれって」