羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

幻冬舎文庫

どうしても生きてる 文庫

タイトルの通り、苦しくたって、やるせなくても生きている限りは生きづけないと。 そんな気になるお話の短編集でした。 生きていて悩みは尽きないというのが嫌でも分かりました。 現実に直面して落ち込みそうでも、悩みながら自分と向き合っていくのは読み…

作家の人たち 文庫

作家や編集者の非日常な生活をブラックなユーモアを交えて、遊んでいる短編集でした。 売れない作家達の執念や執拗に編集者に迫るテクニックは不気味すぎて笑ってしまいますが、編集者側からすると迷惑すぎる… 作家と言えば印税生活の印象がありますが、シ…

麦本三歩の好きなもの 第一集

単行本から文庫へ。 表紙が変わって、第一集というのもついた。 住野よる先生の作品で初めてシリーズ化が決まっているということで注目な作品です。 表紙の通り自由に生きている三歩の日常を覗くのは楽しい。 日々の些細な幸せを見逃さないのは大事だし、生…

ヘタレな僕はノーと言えない

筏田かつら先生の甘い、そしてちょっと辛い恋の物語でした。社会人の県庁職員・浩己と凄腕の職人・彬が仕事の関係から休日お手伝いに行き、関係を育み、次第に恋に落ちる。1巻完結だから駆け足気味な展開で、もっと話を広げられるんじゃないかと惜しい気待ち…