羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

ネメシス6

ネメシス6 (講談社タイガ)

 

1話目の舞台演劇で演劇の中に潜まれている殺意がどこにあるのか、アドリブの芝居の中から見つけ出すというのは先が読めなくて良かったし、着地点も妥当なものでホッとしました。

ドラマではなかった話だが、映像で見たかった感はあります。

 

2話目はなんといっても青崎有吾先生のロジカルな数字当てが美しい。ドラマとは違っていて、映像で見れなかったのは惜しい。ドラマ映えしないからか分からないが、作者らしいミステリーが読めて良かったです。

風間、アンナの仕掛けるトリックはドラマよりも小説の方が巧みに感じられました。

あと、アンナは強くなっているのはびっくりしました。

 

 

失踪したアンナの父の手がかりを探す探偵事務所ネメシスの前に垂らされた一筋の糸。
フェイクニュースを操った組織が、すべての事件の黒幕か?

社長の栗田が単身事件を追いかける間に、
探偵風真は脅迫状の届いた女優を守るため、舞台俳優デビュー!?

そして新たな仲間・詐欺師の緋邑とともに挑むのは、カジノでの
一世一代の大博奕! オリジナル小説&怒濤の展開で贈る第六弾!