羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

エフィラは泳ぎ出せない

エフィラは泳ぎ出せない (ミステリ・フロンティア 114)

 

デフ・ヴォイスシリーズの丸山先生が推薦分を帯に書いてるとなれば読むしかないなと。

障害を抱えて生きている人にスポットを当てて小説にするのは難しいと思いますが、今作は障害を持って生きた青年・聡の人生で関わってきた周りの登場人物を掘っていくことで、聡がなぜ死んだのかに近づいていく構成は良かったです。

また、その人その人の事情もあり、苦悩に苛まれる登場人物達の胸中を掘り下げていき、最後にたどり着いた障害を持った青年の死の背景には引きずり込まれました。徐々に迫っていくのが怖いが見逃したくない気にさせられます。

 

それぞれの立場から青年を苦しめていたのはなんと残酷なんだと思いました。しかも、皆を悪とは言い切れないのがまた複雑な気持ちになる。しかし、生きていく人達は死を無駄にしないように前に進んでいきそうだったのは良かったです。

 

ハッピーとは言い難いところはあるが、未来へ歩いていくために必要な過程だったんだなと思いました。

 

 

東京でフリーライターとして暮らす小野寺衛は、同棲する女性の妊娠が判明した夏の日、伯母からの電話を受ける。それは故郷に残してきた兄の死の知らせだった。父親と二人暮らしの兄・聡は、知的障害があり、自殺ということ以外何も分からない。七年ぶりの地元に降り立った衛は、兄の死の真相を探る決意をする。父親、伯母、幼馴染みと、聡との関わりの深かった人物に話を聞き、慟哭の真実を知る――。ノンフィクションエッセイ『しくじり家族』『ろうの両親から生まれたぼくが聴こえる世界と聴こえない世界を行き来して考えた30のこと』で話題の著者が贈る、鮮烈なミステリデビュー作。