羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

AX アックス

AX アックス (角川文庫)

 

殺し屋シリーズ第3巻。1.2.3巻と続けて読み返したが、今巻が個人的に好き過ぎる。主な語り手である兜が妻に怯える父の顔と裏の仕事を淡々とこなす顔、2つの面を持っていたが、父としての顔が濃くて好きだった。

というかもう辞めたいと思っている状況だったからか、裏の顔が違和感がある。

一体なぜ、殺し屋になったのかが気になる。

始まりはどうだったのだろうか。

全体的に妻に怯える父の姿があって、愛嬌があって憎めない。

パパ友が出来たりしていたところだったりとホッコリする様子があっただけに、終盤のあの展開には衝撃を受けた。

 

兜が医師に最後に一矢報いたのは爽快でした。

 

決して清廉潔白とは言いがたい生き方だが、兜の最期の姿は美しさを感じました。そして、父の意思を子が応えるという流れは心が暖かくなりました。

 

 

「兜」は超一流の殺し屋だが、家では妻に頭が上がらない。一人息子の克巳もあきれるほどだ。兜がこの仕事を辞めたい、と考えはじめたのは、克巳が生まれた頃だった。引退に必要な金を稼ぐために仕方なく仕事を続けていたある日、爆弾職人を軽々と始末した兜は、意外な人物から襲撃を受ける。こんな物騒な仕事をしていることは、家族はもちろん、知らない。物語の新たな可能性を切り拓いた、エンタテインメント小説の最高峰!