羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

グラスバードは還らない 文庫

グラスバードは還らない 〈マリア&漣〉シリーズ (創元推理文庫)

 

単行本既読です。

一度読んだ時は事件の場面やトリックが詰められなかったが今回2読目したら細かく把握することが出来て、より話に入れました。

最初のプロローグが持つ意味を考えて、話を読み進めていくと思いますが、全てが解明されてまたプロローグに還ると、かなり胸が苦しくなります。

このどうしようもなく、切なくなるのは市川先生の作品共通ですかね。

 

事件は幾つもの感情と思惑が絡んでいて、それが徐々に解けていき、全貌が見えた時のカチッとハマる瞬間は爽快です。

グラスバードの意味を知った時、見ていたこと、考えていたことがひっくり返るのは見事としか言えないです。

犯人の動機や事件の真相、なぜ、こんなことが起きたのかを知るのは辛かった。

だが、終わり方がいっそ鮮やかで、表紙を眺めたくなります。

 

マリアと漣の離れ離れになった際の漣の動揺は意外で、普段はズケズケしているけど、本当はマリアを大切にしていると分かるのは良いですね。

 

 

一つぼやくならばミステリーとして、あのトリックを入れてしまったら、なんでもありだなと思ってしまいます… 分からないって…

 

マリアと漣は大規模な希少動植物密売ルートの捜査中、得意取引先に不動産王ヒューがいることを掴む。彼には所有タワー最上階の邸宅で、秘蔵の硝子鳥(グラスバード)や希少動物を飼っているという噂があった。タワーを訪れた二人だったが、タワー内の爆破テロに巻き込まれてしまう! 同じ頃、ヒューの所有するガラス製造会社の社員や関係者四人は、知らぬ間に拘束され、窓のない迷宮に閉じ込められたことに気づく。「答えはお前たちが知っているはずだ」というヒューの伝言に怯える中、突然壁が透明になり、血溜まりに横たわる社員の姿が!? 好評シリーズ第三弾!