羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

medium 霊媒探偵城塚翡翠

medium 霊媒探偵城塚翡翠

 

衝撃の一作となった今作の続きが出るということで読み返しました。

一度読んで仕掛けは知っているとはいえ、圧巻の先生への挑戦状ですね。

種と仕掛けを知った上で読み進めていくと、こんなにもヒントが提示されていたのかと驚くばかりです。なぜ一度目で気付けなかったのか悔しいばかりです。

1話1話の事件の解決方法や過程も疑わなければならない、まさにすべてが伏線という帯が全て。表裏一体となっている仕掛けには綿密な構成が裏付けられていて、作者の熱量が伺えます。

 

城塚翡翠という登場人物を生み出した作者には怖さを感じつつ感謝したい。

乙女な心もあるのでなんとも言えない読後感を生み出していました。

 

ミステリーを良く読む人やあまり読まない人にも効く内容になっています。

 

単巻でもまとまっていますが、どう続けていくのか楽しみで仕方ないです。

 

推理作家として難事件を解決してきた香月史郎は、心に傷を負った女性、城塚翡翠と出逢う。彼女は霊媒であり、死者の言葉を伝えることができる。しかし、そこに証拠能力はなく、香月は霊視と論理の力を組み合わせながら、事件に立ち向かわなくてはならない。一方、巷では姿なき連続殺人鬼が人々を脅かしていた。一切の証拠を残さない殺人鬼を追い詰めることができるとすれば、それは翡翠の力のみ。だが、殺人鬼の魔手は密かに彼女へと迫っていた―。