羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

揺籃の都: 平家物語推理抄

揺籃の都 平家物語推理抄 (ミステリ・フロンティア)

 

蝶として死す。から続巻が出るなんて嬉しいです。

やっぱり不憫な頼盛さん。清盛に振り回されている姿は歯痒い。それでも、自分のなすことをしていく姿は応援したくなります。

清盛の息子達にいびられながらも、数々の嘘を見抜くのは痛快でした。

 

ミステリーとしては、今回は長編でした。謎が謎を呼ぶ展開で、最後まで惹きつけて止みませんでした。

数々の疑問が一気に解けていくのは良かった。また、時代に即したトリックと動機で、なるほどなと唸るばかり。

事件の背景もしっかり練られていたから、最後の種明かし後も重くのしかかるものがありました。

 

 

1180年。平清盛は、高倉上皇や平家一門の反対を押し切ってまで、京都から福原への遷都を強行する。清盛の息子たち、宗盛・知盛・重衡は父親に還都の説得と、富士川の戦いでの大敗を報告するため、清盛邸を訪問するが、それを機に邸で怪事件が続発してしまう。清盛の寝室から平家の守護刀が消え、平家にとって不吉な夢を喧伝していた青侍が切断された屍で発見され、「怪鳥を目撃した」という物の怪騒ぎが起きる。清盛の異母弟・平頼盛は、異母兄に捕縛を命令されていた青侍を取り逃した失敗を取り戻すため、甥たちから源頼朝との内通を疑われる中、事件解決に乗り出すが……。