羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

2022年下半期おすすめのラノベ

2022年下半期に読んだおすすめのラノベを紹介していきます。

個人的ベスト3は

わたしはあなたの涙になりたい

チルドレン・オブ・リヴァイアサン 怪物が生まれた日

砂の上の1DK です。

 

・おすすめの作品

わたしはあなたの涙になりたい

S級学園の自称「普通」、可愛すぎる彼女たちにグイグイ来られてバレバレです。

現実でラブコメできないとだれが決めた? (6)

チルドレン・オブ・リヴァイアサン 怪物が生まれた日

砂くんの上の1DK

ようこそ実力至上主義の教室へ 2年生編8

デモンズ・クレスト1 現実∽侵食

竜の姫ブリュンヒルド

公務員、中田忍の悪徳

青春ブタ野郎はマイスチューデントの夢を見ない

 

涙、笑い、感動、よくあるパターンかもしれないが、だからこそ胸に残るし、響く。この物語に救われました。https://wing31.hatenadiary.jp/entry/2022/07/21/210000

 

 

裕時悠示先生が別名義でなろうで書いていた作品を書籍化。

今までの作品より軽さはあったが、その分、展開がすんなり受け入れられるから良いなと。https://wing31.hatenadiary.jp/entry/2022/08/01/120000

 

 

 

 

誰もが、笑って終われるラブコメ作品でした。

全員をハッピーにしてみせたのは素晴らしかった。https://wing31.hatenadiary.jp/entry/2022/07/22/210000

 

 

子供しか戦場に出られない世界で大人の陰謀に苦しみながらも、自分の気持ちを貫くアシト、ユア、幼なじみの・エリンの姿に胸を打たれます。https://wing31.hatenadiary.jp/entry/2022/08/11/120000

 

 

スパイ・宗史と未知の細胞・ノンが同居して、築いていく関係。そして崩れていく感情。起床転結が非常に良く出来ていて、素直に流れるがまま読み進められました。https://wing31.hatenadiary.jp/entry/2022/09/02/210000

 

 

溜めの巻ではありますが、龍園の坂柳への策や坂柳の龍園への対処、一之瀬クラスの諦め、など続きが気になる要素があります。https://wing31.hatenadiary.jp/entry/2022/10/26/210000_1

 

登場人物が小学生だからこそ、パニックになるし仲違いも起きる。そして必死さ、緊迫感を生み出していて、楽しみなシリーズになりそうです。https://wing31.hatenadiary.jp/entry/2022/11/14/210000

 

 

竜と姫の関係はもちろんだが、姫と従者の関係も魅力的でした。

いつの時代も人と竜の関係はうまくいけないのは自然な流れなのか。https://wing31.hatenadiary.jp/entry/2022/11/11/210000

 

 

仕事一筋の男がある日家に帰るとエルフがいた。最初に仕事の出来る面を見せていたので、エルフと対面したら迷走していく思考や行動のチグハグ感が上手く表現されていました。https://wing31.hatenadiary.jp/entry/2022/12/13/210000

 

話の合間にあった、麻衣さんの誕生日イベントや麻衣さんの咲太への気持ちは、改めて2人の結びつきの強さを感じられました。https://wing31.hatenadiary.jp/entry/2022/12/09/210000