羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

2020年 上半期に読んだおすすめのミステリー作品15選

私が上半期に読んだミステリー作品の新作、新刊、既刊でおすすめ作品を紹介していきます。

 

 どれも読み応えが抜群でミステリーとしてだけでなく、キャラも魅力な作品です。

気になった作品があれば是非チェックしてほしいです。

 

 

安定の面白さで小山内さんと小鳩君のやりとりや信頼関係には楽しめます。

謎に関しても軽めでしたが、どの話も落ちが良いです。

https://wing31.hatenadiary.jp/entry/2020/01/31/210000


 

犯人の動機のバリエーションが豊富でした。

計画していてもうまくはいかない現実的なところが好きです。

 https://wing31.hatenadiary.jp/entry/2020/01/16/211500

 

 

 

魔眼の匣の殺人

魔眼の匣の殺人

  • 作者:今村 昌弘
  • 発売日: 2019/02/20
  • メディア: 単行本
 

 

クローズド・サークル、予言、特殊な状況で巻き起こる事件の行方は衝撃的です。

剣崎さんと葉村くんの関係の変化は注目です。

 https://wing31.hatenadiary.jp/entry/2020/01/03/213000

 

 

 

刀と傘 (明治京洛推理帖) (ミステリ・フロンティア)
 

 

初めて、歴史に関するミステリーを読みましたが、かなり楽しめました。

その時代背景に合ったミステリーになっていて、余韻が素晴らしかったです。

 https://wing31.hatenadiary.jp/entry/2020/01/09/210000

 

 

 

ベーシックインカム (集英社文芸単行本)
 

 

SFミステリーとしては読みやすさがあり、かつ重みがある話になっていました。実際に起こりそうなことが多くて、ワクワクしました。

 https://wing31.hatenadiary.jp/entry/2020/01/10/210000

 

 

 

彼女の色に届くまで (角川文庫)

彼女の色に届くまで (角川文庫)

  • 作者:似鳥 鶏
  • 発売日: 2020/02/21
  • メディア: 文庫
 

 

絵を機転にして解けていくミステリー。そして、画家としての才能や比較。少年、少女の成長物語としても楽しめました。

 https://wing31.hatenadiary.jp/entry/2020/02/25/210000

 

 

 

虚構推理 (講談社タイガ)

虚構推理 (講談社タイガ)

 

 

真実なんて誰も求めていない。欲しているのは都合の良い嘘。まさに虚構。捻られるだけ捻り尽くしていて楽しめます。

 https://wing31.hatenadiary.jp/entry/2020/01/18/210000

 

 

mediumの原点にもなったミステリー。

日常の謎の限界まで挑んだ作品で、読み応えがありました。

密室の作り方や犯人の動機はかなり練られていて解決する時の爽快感がありました。

 https://wing31.hatenadiary.jp/entry/2020/03/25/214500

 

そして誰もいなくなったをモチーフにしている連続殺人の真相は衝撃的でした。探偵側の2人も魅力的な人物でした。

 https://wing31.hatenadiary.jp/entry/2020/03/04/211500

 

 

ブルーローズは眠らない (創元推理文庫)

ブルーローズは眠らない (創元推理文庫)

 

 

タイトルの意味が分かる最後の謎解きは爽快でした。細かな細部までめりぐらせた糸が集まっていくのが素晴らしい。

 https://wing31.hatenadiary.jp/entry/2020/03/09/210000

 

 

 

告白 (双葉文庫)

告白 (双葉文庫)

 

 

罪の告白。それはいかに厳しいものか。

あまりの毒に読んでて、圧倒されました。

 https://wing31.hatenadiary.jp/entry/2020/04/09/210000

 

 

 

透明人間は密室に潜む

透明人間は密室に潜む

 

 

表題作の圧倒的な発想の転換力には驚かされます。バリエーション豊富な短編集です。

 https://wing31.hatenadiary.jp/entry/2020/05/21/210000

 

 

 

難事件カフェ2 焙煎推理 (光文社文庫)

難事件カフェ2 焙煎推理 (光文社文庫)

  • 作者:似鳥 鶏
  • 発売日: 2020/05/13
  • メディア: 文庫
 

二人の兄弟が暴いていくミステリー。

カフェらしい知識と組み合わせて楽しめます。 

 https://wing31.hatenadiary.jp/entry/2020/05/22/213000

 

 

 

サーチライトと誘蛾灯 (創元推理文庫)

サーチライトと誘蛾灯 (創元推理文庫)

 

 虫知識溢れる主人公がとぼけた様子で事件に絡んでいき、解いていく。痛快です。

 https://wing31.hatenadiary.jp/entry/2020/06/09/213000

 

 

 

犬はどこだ (創元推理文庫)

犬はどこだ (創元推理文庫)

 

 

最初は犬探しだったのに、話が進んでいくうちに物騒なことになっていき、たどり着く最後に衝撃的な真実が待っています。

 https://wing31.hatenadiary.jp/entry/2020/05/19/210000