羽休みに娯楽を

ラノベや漫画やアニメやら

角川スニーカー文庫

毒舌少女のために帰宅部やめました

毒舌少女のために帰宅部辞めました (角川スニーカー文庫)作者: 水埜アテルイ,ななかぐら出版社/メーカー: KADOKAWA発売日: 2018/11/01メディア: 文庫この商品を含むブログを見る (内容)放課後は己の好きなことに使う、そんな帰宅部生活を謳歌していた高校生…

JK堕としの名を持つ男、柏木の王道

JK堕としの名を持つ男、柏木の王道 (角川スニーカー文庫)作者: 永菜葉一,kakao出版社/メーカー: KADOKAWA発売日: 2018/09/01メディア: 文庫この商品を含むブログを見る (内容)最強の会社員、爆誕。闇堕ちしたJKたちを社会人パワーで蹂躙&救済!モテまくる!?有…

ミリオン・クラウン 1.2巻

ミリオン・クラウン1 (角川スニーカー文庫)作者: 竜ノ湖太郎,焦茶出版社/メーカー: KADOKAWA発売日: 2017/10/01メディア: 文庫この商品を含むブログを見る ミリオン・クラウン2 (角川スニーカー文庫)作者: 竜ノ湖太郎出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店…

ラストエンブリオ 1〜5 感想

ラストエンブリオ (1) 問題児の帰還 (角川スニーカー文庫)作者: 竜ノ湖太郎,ももこ出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店発売日: 2015/05/30メディア: 文庫この商品を含むブログ (6件) を見る 2018年7月18日現在、ラストエンブリオは5巻まで刊行されていて、5…

ひげを剃る。そして、女子高生を拾う。2

最近、年の差ラブコメの波が来てるよ!その波に片足、いや、両足突っ込んでる、オッサン×JKの同居系ラブコメ第2巻。吉田と沙優が同居生活始めて、少し経ち、今の生活に慣れて来た頃、沙優からバイトをしたいと切り出されるーーーー2巻も面白い。1巻で疑問に…

ウォーター&ビスケットのテーマ2 夕日が笑顔を見せただけ

凄い文章量。濃い情報量、綿密な心理戦。読み応え抜群の2巻でした。ただ、読んでて、気力が持ってかれるから読むときは余裕があるときがおススメです。1巻は割とライトノベル感あったけど、2巻からはライトノベルの枠組みから外れてきたかなと。面白いんです…

ウォーター&ビスケットのテーマ1 コンビニを巡る旅の戦争

河野裕と椎名優のサクラダリセットコンビが送る、青春ファンタジー。河野裕さんの作品が好きな人には堪らない作品となっています。架見崎という、8月をループする街が舞台になっていて、そこから抜け出そうとする話です。そこは、サクラダリセットや階段島と…

いずれキミにくれてやるスーパーノヴァ

(あらすじ)宇宙から墜落してきたお姫さまは――僕の「妹」になった。 他星のお姫様を自称する「スピカ」とのトランシーバーを使った会話だけを楽しみに生きる高校生のイズミ。彼の日常はスピカが地球に「墜落」したことで一変した。その日から自転車や人は空を…

ひげを剃る。そして女子高生を拾う。

26歳のサラリーマン吉田は5年片想いした相手、上司の後藤さんに告白するも見事に振られる。友人の橋本に愚痴を聞いてもらい、やけ酒に走る吉田。その帰り道に、路上で蹲る女子高生、沙優と出会うーーー まずは面白かったと。読み始めたら止まらずに最後まで…

もう異世界に懲りたので破壊して少女だけ救いたい

もう異世界に懲りたので破壊して少女だけ救いたい (角川スニーカー文庫) 作者: 永菜葉一,るろお 出版社/メーカー: KADOKAWA 発売日: 2018/01/01 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る 永菜葉一先生の新作。この作者のサインを持ってるし、作品も好き…

パンツあたためますか?2

パンツあたためますか?2 (角川スニーカー文庫)作者: 石山雄規,bun150出版社/メーカー: KADOKAWA発売日: 2018/01/01メディア: 文庫この商品を含むブログを見る 1巻の終わりから、続くか心配だったけど、杞憂でした。今回も面白かったです。 直樹はアルバイト…

パンツあたためますか?

パンツあたためますか? (角川スニーカー文庫)作者: 石山雄規,bun150出版社/メーカー: KADOKAWA発売日: 2017/08/01メディア: 文庫この商品を含むブログを見る 素晴らしいタイトル詐欺作品。酷いタイトルから繰り出される考えさせられる内容で、騙されました。…

ヴぁんぷちゃんとゾンビくん 吸血姫は恋したい

ヴぁんぷちゃんとゾンビくん 吸血姫は恋したい (角川スニーカー文庫)作者: 空伏空人,かとろく出版社/メーカー: KADOKAWA発売日: 2017/12/01メディア: 文庫この商品を含むブログ (1件) を見る 魅了する力を持つ吸血鬼のルーミアがある日、心を持たない名無し…